コラーゲンマシン「Hapro seecret C200」とは

Hapro seecret C200とは、安全な光を浴びることで、肌内部でコラーゲンの生成を促進させるものです。
健康なコラーゲンが増加すると、主に以下のような効果が期待できると言われています。

  • 肌のハリ、ツヤ、弾力、潤いが良くなる
  • ハリが出ることで、しわやたるみの改善に繋がる
  • 潤いが出ることで、乾燥肌の改善に繋がる

Hapro seecret C200を使用することで、紫外線のない日光浴が可能となります。

体や精神面に与える影響がある太陽の光

太陽光を浴びることは植物にとっては光合成の上で重要な意味を持つが、動物の場合でも光線に含まれる
エネルギーを使って身体の成長や代謝に必要な物質の合成を行うなどの意味があり、
適度な日光浴は健康維持の上で有効である。また精神衛生上も好ましい影響も見られるため、
健康法の中にも適度な日光浴を勧めるものも見られる。
反面、過度の日照は体温の過剰な上昇から熱中症(日射病とも)を引き起こし、
また日焼けも度を過ぎれば熱傷となり皮膚炎を引き起こすほか、紫外線の過剰照射は皮膚ガンを
引き起こし、そこまで行かなくてもシミや皺など肌の加齢に伴う劣化と同様のトラブルを招く。

引用元: Wikipedia「日光浴」

太陽光の人体への影響は科学的に解明されています。

身体の成長、代謝に必要な物質の合成、
体内時計の調整、自律神経失調症や不眠症治療の
改善プログラムに採用される等

日焼けによる熱傷、皮膚炎、皮膚のシミやシワ、肌
の加齢に伴う劣化など、紫外線による影響も多い

つまり、太陽光は
肌の活性(外面)」と「心の活性(内面)
両方に働きかけると言われています。

しかし、太陽光では一緒に紫外線も浴びてしまいます

そこで、肌に害のない光だけを浴びるために開発されたのが

LEDではなく蛍光灯を採用した理由

包み込む明るさは蛍光灯ならでは

コラーゲンマシンseecret C200はLEDではなく蛍光灯を採用しています。
その理由は直線的な光ではなく、「包み込む光」が求められたためです。
暖かく、優しい独特の光の広がり方は昨今主流のLEDでは表現できず、C200の様な全身用のマシンには最適な光源です。

ヒートショックプロテインの増加に伴う効果

ヒートショックプロテイン(以下、HSP)とは傷ついた細胞を修復するたんぱく質のことです。

体が暖められる事で発生するこのHSPは、熱を発する蛍光灯ならではであり、LEDでは発生させることが難しいものです。

HSPを発生させることで、以下のような効果が期待できます。

世界が認める若返り効果と安全性

世界的に著名な皮膚科医パヴェル医師が認める肌の若返り効果

パヴェル(S.Povel)医師:チェコ共和国プラハのチャールズ大学客員教授。
チェコ共和国ピルゼンにあるチャールズ大学医学部の皮膚科医。
ヨーロッパ色素細胞研究協会の元会長。国際色素細胞協会の元副会長。
神戸大学の元客員教授。
世界のさまざまな科学協会の会員でもあり、専門雑誌での150を超える発表を含む、 200以上の科学出版物で取り上げられる。
米国皮膚病学アカデミーのビル・ソード賞を含むさまざまな国際賞を受賞。

国際的な安全基準「CEマーク」搭載

他国の安全基準より厳しいと言われているEUの輸出安全基準条件(使用者・消費者の健康と安全および共通利益の確保を守るための条件)をクリア。

なぜ安全な光だけを浴びることができるのか「帯域633nmの魔法」

可視光線とは、目に見える光の事です。可視光線はとても安全で、美容機器や医療機器にも多数応用されています。医療現場では「可視光線療法」といって可視光線を利用した治療法も確立されています。
この可視光線の領域内で、赤色を最も多く照射する帯域が「633nm」であり、seecretは、この「633nm」の可視光線を出す特殊なランプを搭載したヨーロッパ発の最新美容機器です。

633nmの光は、肌の真皮層に直接働きかけます

仕様

※1 SRS=Strip-Reflector-System:The integrated SRS optimizes the efficiency of the lamp output.

電気仕様

入り口から壁までの距離が2000mm以上ならば、間口が600mmあれば縦に搬入が可能です。入り口から壁までの距離が2000mm以下の場合は、
斜めにして搬入をするので間口が800mm必要となります。
縦幅はマシンが約1000mmあるので着替えスペースとして約600mm必要になります。着替え用のカゴはトランス上に設置致します。
横幅はマシンが約2100mmあり、トランスが250mmありますので、余裕をみて2500mm程度あったほうが良いと思います。

電気用品安全法は、電気製品が原因の火災や感電などから消費者を守るために施行された法律で、日本国内で100Vコンセントに接続して使用されるほとんど全ての民生用電気製品が対象となる安全規格です。この法律により、メーカーや輸入業者は、消費者が区別できるよう適合製品にPSEマークをつけて販売することを義務付けられました。
PSEマークは、Product+Safety+Electrical appliance & materialsの頭文字で、電気製品が安全性を満たしていることを示すマークです。